地中熱利用システム

image photo

私たちの豊かな暮らしに不可欠な、石油、石炭などの有限資源は、排熱時にCO2等の温室効果ガスが地球の温度上昇を招き、地球の様々な環境問題を引き起こし、人間や生態系にまで多大な悪影響を与えます。当社では今、環境保全をテーマに石油、石炭に代わるエネルギーとして地下水や地中熱利用の開発に取り組んでおります。地中熱利用システムは、地上と地下水・地中温度との温度差を利用することで、クリーンなそしてエコなエネルギーを得ることができます。

地中熱利用システム

当社は今、環境保全を大きなテーマとして地下水や地中熱利用に取り組んでおります。

地中熱利用システムの仕組み

システムの概要

揚水試験(連続揚水試験)

地中の温度は、年間を通して比較的安定した温度を保っています。この性質を利用すれば、ヒートポンプシステムにより、地下を暖房の際の熱源、冷房の際の放熱先として利用することで、クリーンなエネルギーを得ることができます。また、地下水が豊富に利用できる地域では地下水を熱源としたヒートポンプシステムが構築できます。この場合、地中熱に比べてボーリングの本数が低減できるためボーリング費用も低減できます。

外気温は季節により変化しますが、地中の温度は一年中15℃前後でほぼ一定です。井戸水が夏は冷たく、冬は暖かく感じられるのは、井戸水の温度が変化しているのではなく外気温と地中の温度差との間にこのような差があるためです。

ページのトップへ